相続放棄の時効とその種類

家族等が亡くなって自分が相続人になった場合、いくつかの権利が発生します。中には時効が存在する権利もあるため、遺産についてはなるべく早く確認をしておいたほうが良いかもしれません。特に相続放棄をしたほうが良い可能性がある場合は、すぐにでも動き出す必要があります。もし放棄する場合は、家庭裁判所へ届出をしなければいけません。

3ヶ月以内に届出をして、家庭裁判所から放棄について認められる必要があります。時効に間に合うように手続きができるように、書類等の準備も必要です。相続放棄には大きく二つの種類があり、遺産の中身が資産よりも負債のほうが大きい場合は相続放棄をすることになります。申述書や戸籍謄本といった書類を揃えて、亡くなった人の管轄地域にある家庭裁判所へ届出をします。

遺産の放棄と同時に、借金返済等の義務も放棄することができるため、負債が明らかに多い場合に有効な制度と言えます。一方、遺産の中身の合計が資産となるのか負債となるのかすぐに判断できない場合は、限定承認という制度を利用することもできます。この制度も3ヶ月以内で時効になるため、できるだけ早く裁判所へ届出したほうが良いでしょう。もしも借金等の負債が資産を上回っていたとしても、超過分の支払いをする必要はなく、資産のほうが多い場合は財産を受け取れるため、迷った場合に有効な方法と考えられます。

ただし限定承認に関しては、相続人全員の合意が必要となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする