遺産が時効で相続できなくなる場合

遺産相続の際に起きる問題のひとつに、時効で権利がなくなるということがあります。遺産を受け取る権利があるにも関わらず、一定期間何もしないでいると、本来相続できる遺産を受け取ることができなくなるのです。遺産相続が発生すると、相続人が複数いるときはその分割が問題になります。もちろん、遺言状があり、そこに有効な分割の内容や方法が記載されていれば、原則それに従うことになりますが、場合によってはきちんと手続きをしないと、権利を失うことになりかねません。

そのひとつに、遺留分減債請求があります。これは、例えば、父親が遺産を残して亡くなり、兄弟姉妹のうちの誰か一人に、すべて財産を譲るという内容の遺言状を書いていたというような場合です。このような内容の遺言状がそのまま実行されると、本来遺産をもらえる他の兄弟姉妹は何も受け取れないということなります。このような場合には、法定で決まった分を請求できる権利が認められているのです。

これを遺留分減債請求権といいます。この権利請求権が時効にかかると、それ以降はまったく請求できなくなります。この時効期間は1年ですので、故人の遺言状の内容が明確になってから1年経つと、権利が消滅します。その他には、例えば、権利がないのに遺言状に書いてあったために遺産を受け取ってしまった人がいるという場合に、この人に対して遺産を返還してほしいと請求することができます。

これを相続回復請求権といいます。しかし、この返還請求権も一定期間内に請求しないと時効で消えてしまいます。後々のトラブルを避けるためにも、遺産の受取りにも時効があることに注意して対処したいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする