交通事故の示談には弁護士を入れないと損する

交通事故に遭ってしまうと治療だけでも仕事を休む、痛みがつらい、後遺症が残ってしまうなど多くの苦労がつきものです。しかし、実は一番面倒でつらい思いをするのが治療がひと段落した後に待ち構える示談です。相手方が任意保険に入っているから安心というわけではありません。示談を自分でやろうと思うと交通事故に対して妥当な金額を勝ち取ることはまず難しいでしょう。

というのも保険会社は営利団体ですので出費は少なくしたいと考えます。さらに毎日のように示談を行っているので、ある意味示談交渉のセミプロのようなものです。個人相手では少なく見積もっても何ら支障はないですし、咎められることもないので強気で低い金額を提示してきます。また、理由を言って引き上げるように言っても、多少上げるだけで満足いく金額になることは期待できません。

そこで弁護士を入れることがお勧めなのです。弁護士は法律のプロですので法に照らし合わせて妥当ではないことを正すだけの権威を持っています。交通事故に関しても例外ではなく、法に則って妥当な補償かどうかを判断、交渉してくれます。そのため交渉自体を代行してくれるので自分の時間的な負担も精神的な負担も省かれるのです。

弁護士は法的に根拠をしっかりと説明できますので、それに取り合わない場合は最悪裁判に持ち込むことができます。裁判所基準の交通事故の補償金額がかなり高い金額になるので、それよりかは弁護士の要求の金額の方がまだ良いと、保険会社も対応してくることが多いです。弁護士を入れて妥当な金額にすることは妥当な評価をして補償してもらうためには欠かせません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする