交通事故で慰謝料を増額させるなら弁護士に相談しよう

交通事故で慰謝料を増額させたいと考えるのならば、弁護士に相談をして正しい金額を計算してもらわなくてはいけません。交通事故で被害者になると、ケガをした治療費や自動車が大破した損害をきちんと支払ってもらう必要性が出て来ます。では、こうした損害賠償の請求は誰に対して行うのでしょうか。実は、交通事故の加害者本人ではなく、自動車保険の保険会社に対して行います。

交通事故に関しては、示談交渉に保険会社が間入ってくるというのは非常に大きなポイントです。保険会社が間に入ってくると、保険会社が派遣する示談交渉の専門家と交渉しなくてはいけないからです。示談交渉は、必ず弁護士に相談しなくてはいけない案件ではありません。弁護士に相談しなくても、被害者本人が交渉を行うことが可能だからです。

ただ、被害者本人が示談交渉を行って保険会社に勝てる確率はほとんど0%です。特に、慰謝料金額を増額させることはほとんどのケースでありえないと言っても過言ではありません。これは、保険会社の方が事故に関連する相場の知識を豊富に有しているからです。保険会社にとって有利な事例だけを説明して、必ず示談金の相場を下げてきます。

問題なのは、示談交渉の取り決めに関しては一度同意をしてしまうと後からそれを覆すことが難しいことです。示談交渉は示談契約という契約に基づいて行われます。そのため、一度同意をしてしまうとその契約を破棄できなくなるため、そうなる前に弁護士に相談することが大切になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする