交通事故に遭った場合における弁護士の活用

交通事故は、日々さまざまな場所で発生しています。車を運転される方は、ご自身が加害者となることを想定され安全運転に努めておられると思われます。しかし、加害者となる場合もあれば被害者となる場合もあります。普通に運転していたり歩行していたりするところに突然車両がやってくることもあります。

このように、交通事故を起こしたり起こされたりした場合、どうすればよいか戸惑うこともあると思います。特に、事故当事者同士の話し合いをどのようにすればよいか困ります。このようなときに、事故後の処理を行ってくれる専門家の存在は大変ありがたいものです。交通事故の際に弁護士を通じて手続きを行うと、相手方又は相手方保険会社や弁護士などと対等に協議を行うことができます。

警察との事故処理関係手続きもスムーズに実施することができるため、間違った手続きの心配はしなくてよいです。弁護士を使う最大のメリットは相手方との示談交渉です。判例を持ち出して負担割合の根拠を示すのも一つの役割として重要である一方、弁護士が各種資料に基づく調査の中で、可能性の高い損害賠償額等を設定し、そこから当事者双方がいずれまでなら譲歩できるかを調整していくことができます。相手方にとっては、一般人が示談交渉のなかで過去の判例を提示しても何も感じませんが、弁護士が入ることにより事案交渉は一気に進むこともあります。

損害賠償事案では、相手方が折り合えるポイントで決着をつける必要があり、納得感を得るためには重要な手段となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする