交通事故で弁護士に依頼をする際にかかる費用

交通事故に遭った時、加害者側の保険会社や本人と示談交渉を行うことになりますが、事故で怪我をしていたり、精神的ショックがある中では、こうした交渉を面倒に感じてしまいやすいですし、加害者側の保険会社はプロですので被害者一人では本来受け取れるはずの示談金よりも低い金額で了承してしまうことが珍しくありません。そうならないためには、交通事故の示談交渉の前に弁護士に依頼をして代わりに交渉の場に立ってもらうことがよいのです。ただここで気になるのが弁護士に依頼をする際にかかる費用でしょう。弁護士費用は法律事務所によって自由に設定されていますが、基本的な内訳としては、相談料、着手金、報酬金、日当となっています。

このうち節約できるのは相談料と着手金、日当です。現在、相談だけであれば無料で行っている事務所も少なくありませんので、そうした事務所に相談をすれば相談料はかかりません。また日当も依頼をするタイミングによって短期間で済ませることができますので節約は可能です。交通事故の場合、事故直後に依頼をするとかなりの日当がかかりますが、後遺障害認定されてからであれば示談交渉の期間だけで済みます。

着手金の相場は20万円程度ですが、賠償金請求が高額ではない場合、着手金は無料で成功報酬のみで請け負う事務所も多くなっていますので費用を節約することは可能です。報酬金だけは賠償金の額で決められますので節約はできませんが、こうしたことを踏まえると交通事故で弁護士に依頼をする際にかかる費用がある程度、分かるはずです。一般的には、着手金20万円、報酬金20万円に賠償額の10%というのが相場となっています。広島で債務整理のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする