遺産相続はこじれる前に早めに弁護士に相談

遺産相続では親族間でしばしば遺産分割の意見が合わずにトラブルになります。一度こじれてしまうと、仲の良い親子だから、兄弟だからといっても当事者間の話し合いでは解決しないこともしばしばです。金銭的な取り分についてはもちろんのこと、家や土地に対する思い入れの違いがあったり、配偶者の思惑が絡んでくると解決が遠のくばかりか裁判で争うことにもなりかねません。たとえ解決しても後にしこりが残ってしまいます。

遺産相続はこじれる前に早めに弁護士に依頼したほうが良いでしょう。弁護士に依頼すれば法的な根拠に基づいた客観的な解決策を提案してくれます。何よりも専門家として第三者が間に入ることで冷静に協議を進めることができるようになります。また、相続の放棄を考えている場合も早めの相談が必要です。

放棄の期限は発生から3ヶ月と決められています。最終的に判断する前にどのような財産があるかを調べなければなりませんが、調査する時間を考えれば早いに越したことはありません。マイナスの遺産のほうが多い場合は、期限を過ぎて承認とみなされると負債を抱えることになります。速やかに財産を調査して、放棄すべきかどうかのアドバイスをもらうことが大切です。

最近は無料で相談できる法律事務所もたくさんあります。その場合は依頼しなければ費用はかかりません。遺産相続は一生のうちにそう多く経験するわけではないので知らないことのほうが多いでしょう。話し合いがこじれていなくても、まずは無料で弁護士に相談してスムーズに手続きを進めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする