相続を放棄したい場合には弁護士などの専門家に相談を

人が無くなると、亡くなった人が遺した財産(遺産)はその相続人へと引き継がれます。遺産が預貯金などの金銭や不動産などの(プラスの遺産)ばかりであればよいのですが、実は亡くなった人名義の借金などの債務(いわゆるマイナスの遺産)が遺された場合、これも引き継がれることになるのです。プラスの財産とマイナスの財産を相殺して、プラスが残った場合にはまだよいでしょう。もし、相殺してもマイナスの遺産が残ってしまった場合や、最初からマイナスの遺産しか存在していない場合には、相続という行為そのものが大きな負担となってしまいます。

このようにマイナスの遺産が遺ってしまった場合でも相続放棄という手段によって負担を回避することが出来ます。この手続きをするには家庭裁判所への申し立てが必要です。遺産を放棄することによって、最初から相続人の立場では無かったことになりますので、債務などのマイナスの遺産を引き継がなくてもよいことになります。ただし、後からプラスの遺産が出現したとしても、放棄を取り消すことは不可能です。

また少しでも遺産を受け取っていると、放棄そのものが不可能となってしまいます。もしも相続放棄を考えている場合には、まず弁護士などの専門家に相談したほうがよいでしょう。その際、プラスの遺産、マイナスの遺産全てを調べて弁護士に提示することが肝心です。場合によっては一部の債務を認める限定承認という手続きが可能です。

ここの判断は弁護士などの専門家に任せた方が確実です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする