相続には専門の弁護士を使う

弁護士というと、法律のことは何でも知っていて、何でも頼めばできるというイメージがありますが、実はそうではありません。弁護士にはそれぞれの得意な専門分野があるからです。例えば、法律でも、悪いことをした人を裁く刑法、商売の法律である商法、結婚や離婚という民法などそれぞれ法律が違い、法律ごとに専門の弁護士がいます。その中でも、とても広い分野に分かれているのが民法です。

民法は、人と人との関係を規定した法律で、相続もその中の一つです。そして、実際にその問題にあたるとなると、弁護士の仕事の量がとても多くなります。例えば被相続人の遺言書の作成、その実効に関することなど。そして、実際に遺産問題が起きたときには遺産相続人を確定し、彼らを集めて、遺産の分割を手伝ったりしますが、その際にトラブルが起きることはよくあります。

遺産分割がうまくいかず、裁判にまでなってしまうケースなども多々あります。このようなときに専門性の高い先生を依頼し、解決してもらうということが必要となります。、相続の場合は、非常に専門性と経験が必要なために、それに強い先生をつける必要があります。また、できれば生前のうちに、遺言書を作成しておくと、被相続人である親が亡くなった後に兄弟で喧嘩したり、絶縁したり、トラブルに発展することを避けることができます。

そのため、例えば、遺言書を作成するときなどはホームページなどをよく見て専門性に強い弁護士を探すことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする