相続に関する相談と弁護士

遺産分割時に、相続人間で紛争がなければ、弁護士に相談する必要はありません。その理由は、遺産分割時に問題となってくるのは、相続税の問題であったり、遺産の中に不動産があれば、登記手続きをしなければならないので、これらに関する専門知識は、必ずしも弁護士がよく知っているとは限らないからです。税に関しては税理士が一番よく知っていますし、登記に関する知識は、登記の専門家である司法書士に相談するべきです。これら税や登記に関する知識は、弁護士の中には知識不足の者がいますので、結局は、税理士や司法書士に相談することになります。

そうであれば、最初から税理士や司法書士に相談するのが一番であるからです。遺産分割時に、相続人間で紛争がある場合、弁護士に相談する必要があるかという問題です。案件を受ける側からすると遺産という財産が存在するため、報酬の原資があるためおいしい仕事ということになります。依頼する側からすると、複雑な感情が絡んだ相続人間との交渉は並大抵ではなく、そういった交渉を上手にこなしてくれれば依頼した価値はありますが、失敗すれば、結局は、家庭裁判所において遺産分割調停を申し立てることになるため、弁護士を依頼するメリットはあまりありません。

調停の申し立ては、個人でも十分にできますし、裁判とは違うので、法律の専門知識もそれほど必要ありません。それぞれ専門分野のある士業の者を上手に使いこなさないと費用だけ取られてしまうので、賢い士業選びが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする