後に残される伴侶のために相続は弁護士に

夫婦に子供がいる場合、子供は親から一次相続、二次相続を受けます。たとえば父親の方が先になくなった時には、妻は当然遺産を受け取りますが、子供も受ける権利があります。次に妻が亡くなれば、後は子供だけで相続します。仮に子供が二人いる家庭で法律に定められた通りの分配を行うのであれば、妻が2文の1を、子供は残りを均等に分けますので、全体の4分の1ずつを受け取ることになります。

しかし子供は一般的に働き盛りですし、経済的に心配なのは後に残された妻の生活です。できれば子供が一次相続で放棄し、妻が亡くなった時に分け合うというのが理想と考える人も多いでしょう。しかし往々にして働き盛りの時には家庭にお金が必要であったりするもので、「放棄したくない」と考える子供がいてもおかしくありません。出来る限り残してあげるためには、やはりしっかりとした遺言を用意していくべきでしょう。

自分で遺言を書くことは出来ますが、法的に有効なものでなければ、効力はありません。争いのもとになりますので、弁護士に相談のうえ作成を依頼するのが望ましいとされています。全てを妻に残すとい内容は書けないことがありませんが、もし権利がある人が遺留分を主張すれば、それを分けなければなりません。しかし反対にいえば、遺留分だけで済むことでもあるのです。

妻に対して確保して挙げられるので、大変安心です。弁護士に相続にお実行までお願いしていけば、さらに安心でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする