相続の内容を実現するには弁護士が必要

相続の問題は、非常に紛糾するのが普通です。たとえ財産の継承が少なくても取り分に不満を持ち喧嘩をすることなどよくあることです。その問題を少しでも回避するために、各相続人を拘束する遺言書を作ります。この遺言書は最近では作成マニュアル本があるなど随分その方法が普及してきたので、自分で作成する人も増えてきており、その内容もかつて程の無効な様式になる案件は少なくなってきました。

しかしながら単に遺言書を残して、その取り分を決めれば遺言の内容は相続人を拘束しますので解決するように思えますが実際はかならずしもそうにはならず、遺言書の内容を確実に実現できるものがいないと調整できないです。この調整する役つまりは遺言執行者には、弁護士が適任です。弁護士であれば、親族間の調整を法律的に図ることが可能で、利害関係が対立した中で冷静に話し合いなど成立することはありえないので、このような利害を調整する第三者的な存在は必要不可欠です。このように遺言書は単に残せばいいというものではなく、どうしてもそこには遺言書の内容を具体的にするものが必要ですので、遺言書の作成段階から弁護士に相談して、遺言執行者になってもらうほうが問題解決にいいことは明白です。

いまでは相続問題についての無料でセミナーを開催したり、無料相談に応ずる法律事務所もあるので、わからないままでそのまま放置して相続問題を複雑化するよりもまずは相談したほうがいいかと思われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする