生前の相続の方法を弁護士に聞いておこう

相続は、資産を持っている人が亡くなった後にするだけではなく、資産を持っている人がまだ生きている内に特定の人物に対して相続させることができます。このような亡くなる前の相続の方法は生前相続と呼ばれており、実際にこの方法を行うと後から財産を継承する権利が生じても特定の人物はその財産の所有権を事前に主張することが可能になりますので早い段階で弁護士に相談することが大事です。法律的にも生前に継承がされたときにはそれを亡くなった後の継承と同義に捉えることが出来るようになっていますので何の問題もありません。では、なぜそもそもこのようなことをする必要があるのかというと、これをすることによって亡くなった人の資産にかけられる税金を最小限にすることができるからです。

相続税は、亡くなった人のあらゆる財産にかけられることになるので法律に税金の控除の規定が存在しない場合には残された家族がきちんと税金を支払わなくてはいけません。税金を納めることは義務ですので、本来ならば必ず遺産に対してかけられる税金も払わないと脱税扱いになってしまいますが、生前に既に財産の贈与が行われていた場合にはこの限りではなくなるのです。贈与の場合は贈与税という別の税金を支払わなくてはいけませんが、贈与の場合には年間で一定の金額を上回らない限り税金を払わなくても良いとする規定が存在します。これを利用すれば複数年かけて贈与を繰り返すことによって、税金を支払うことなく財産を継承させることが出来るようになるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする