生前相続の相談を弁護士にしておこう

相続の方法は、何も財産を持っている人が亡くなった後だけに行わなくてはいけないわけではありません。財産を持っている人が生きているときに遺産として継承させることが出来る方法もあるのです。こうした方法は生前相続と言われ、法律上は普通の相続と何ら変わりのないものとして解釈されています。では、このように生前に財産を他の人に渡すことに何の意味があるのでしょうか。

最も大きな意味は、財産に対して無駄な税金をかけられることがないということです。遺産相続をするときには、家族に対して財産が与えられるときに税金を納める義務が生まれます。この税金に関しては財産的な価値のあるほとんどのものに対して適用されることになるので、財産を引き継ぐときには弁護士や税理士に相談をしてどの財産が税金の対象になるのかを計算してもらわなくてはいけません。ただし、こうした税金をほとんど支払わなくても良い方法があるのです。

それが、生前相続と呼ばれる方法で、上手くやれば1円も税金を支払わずに済ませることが可能です。こうした方法を実践するためには、まず対象となる財産に関して財産を持っている人とそれを受け取る人で契約を締結しなくてはいけません。基本的に贈与は契約によって生じるので相手から財産を貰うことを同意をすることによって効果が生じます。贈与に関しても贈与税という税金がかかるのですが、この税金に関しては年間に一定以上の金額を贈与しない限りは税金が生じないようになっているので、何年もかけて贈与を繰り返せば実質的に税金を0円にすることも可能なのです。

ただし、実際にこの方法を行うときには財産を持っている人が亡くなる約3年前から実践しなくてはいけないことを知っておきましょう広島で交通事故のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする