相続遺留分で公平な遺産の分配を

遺言をすることによって、故人は死後に自分の意志を示すことができます。

例えば特定の人物を名指しして、希望通りの資産をその人物に残すことも可能です。しかし遺言で指定された相続でも、遺留分をもらうことはできるようになっています。遺留分とは相続の権利のある配偶者、または直系卑属に対して権利の発生する遺産の取り分です。

この取り分の割合については、配偶者または直系卑属である子供の場合は2分の1、直系尊属である親の場合は3分の1を請求できる資格があります。なお直系卑属が存在する場合は、故人の兄弟姉妹にあたる人物には請求の権利が発生しません。本来得られる取り分を侵害された場合は、請求が可能な期限内に申し立てを行う必要があります。それは必ずしも法廷で裁判を行わなくてはいけないものではなく、当事者同士の話し合いで決めることもできるようになっています。

相続の遺留分の請求の仕方については、特に決まりはありません。しかし請求を開始した日付とその旨をはっきりさせるため、内容証明で請求する相手方に送付するのが一般的です。この請求が行使された場合、相続の遺留分にあたる分を請求者に返還する必要性がでてきます。

も資源物での返還が難しい場合は、相当額の現金で相殺することもできます。ただしなかには直系卑属または尊属でありながら、相続遺留分の請求者として条件を満たさないケースもあります。

こうした欠落者や事前に権利を放棄をした者については、遺産配分についての侵害を主張することはできないので注意する必要があります。

広島の相続の弁護士についてならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする